Latest Issue:
Fall 2016

Sign-up HERE
to get the Newsline by e-mail (about twice a year)

Past issues:
Check out our
Archives!

  • 1. 新しいプレゼン/テクニカルライティング「50分セミナー」

    Open or Close
    私はプレゼンテーションとテクニカルライティングの両方の基礎について皆様に気楽に聞いていただける、しかも情報豊富なセミナーをちょうど作ったところです。長さ50分、質疑応答を含めても1時間で収まるセミナーです。

    なぜこのようなセミナーの内容を編集したかといいますと、日本語(または中国語)版の発表やライティングを、ただ英語へ翻訳して置き換えるだけでは充分ではないことを伝えたかったからです。国際舞台で通用させるには明確で、印象的な戦略と技術が必要です。

    この楽しく、しかも情報豊な「50分セミナー」をご希望の方はぜひご連絡ください。このニュースライン購読者には講演料は無料で、交通費と配布資料の印刷代のみで開催させていただきます。セミナー内でご紹介するサンプルスライドの一部は、ダウンロード可能です。
  • 2. ヒューマンアカデミー㈱のサービス

    Open or Close
    弊社の親会社のヒューマンアカデミー株式会社は、質の高い講座を提供致します。

    ・オンライン英会話研修
    ・短期語学研修
    ・単位認定留学、海外大学協定支援
    ・一般英語研修
    ・英語によるe-mailライティング研修
    ・英語による就職面接対策
    ・日本語研修(留学生・外国籍職員様)
    ・グローバル就転職サポート など

    グローバルコミュニケーションの解決策が必要な時にはヒューマンアカデミー㈱のサービスもご利用ください:

    http://www.athuman.com
  • 3. プレゼンのエンディング

    Open or Close
    セミナーやプライベートのプレゼンテーショントレーニングを担当した時に私がいつも気づくのは、発表の最後が上手く行われず、混乱させるようなエンディングになっているということです。つまり最終の言葉、理想的には聴衆から拍手をもらう前、質疑応答へ行く前のあなたの最終の言葉です。concludingの最終の箇条書きの後、不意にあっけなく終わってしまうのは、聴いているオーディエンス側にとっては少し驚いて混乱をまねきます。

    通常は、最終の需要ポイントは、説得力のあるはっきりとした“Finally,…”という声のイントネーションが、ゆっくりと正確な最終状況を述べるための最初として使われます。その後に“Thank you for your kind attention.” のような感謝の言葉が続きます。そして大切なことは、この最終の挨拶は、観客の方を見ながら話すことです。スクリーンや、天井、もちろんあなたの靴を見ながらではありません。
  • 4. テクニカルライティングのエンディング

    Open or Close
    テクニカルライティングについての最終の言葉を含め、上手ではないエンディングの例をあげますと“Conclusions” 部分です。このセクションは何をおいても要約されていなければなりません。

    Conclusionセクションでは、使われたbasic method、key resultsに触れて研究課題や研究成果を簡単にふりかえり、研究の重要性についてはっきりと述べなければなりません。内容の詳細を必要以上に繰り返し述べることは、要約の印象を弱めることにしかなりません。無駄のない簡潔なConclusionsが、あなたの研究がいかに大切か、ということを読み手に考えさせます。

    “Future Work” 部分もいくつかのpossible future applicationsのみ触れて簡潔に説明してください。それにより、読み手に、あなたの将来の研究の全体的なプレビューではなく興味となるヒントを与えます。
  • 5. グラマーガール:文法についての質問サイト

    Open or Close
    すっきりしなくていつもあなたをイライラさせる英語の文法の問題を解決したいのなら、グラマーガールに聞くことをお勧めします。“Grammar Girl”:
    http://www.quickanddirtytips.com/grammar-girl

    このサイトはテクニカルエディターであり、ネバダ大学リノ校の教職員のMignon Fogarty氏により運営されています。彼女の説明は、役立つ例題を使って非常に簡単明確にわかりやすく説明しています。もしリスニングの方を好まれるのでしたら、彼女の多くの記事はpodcastへリンクしています。
  • 6. In Our Times: 耳と心のためのpodcast

    Open or Close
    英語上級者のリスニングの勉強には、豊富な種類があるpodcastから教材を選ぶよう勧めています。単語と考え方の英語に挑戦したい方にはBBC Radio 4 Melvyn Bragg が紹介する“In Our Times,” がお勧めです。科学、歴史、文化、哲学など幅広い分野をカバーしています。ホームページは下記です。
    http://www.bbc.co.uk/programmes/b006qykl

    その分野の著名な教授、専門家がゲストです。非常に面白い対談ですのでぜひ挑戦を!
  • 1. New 50-min. talk on Presentation and Technical Writing

    Open or Close
    Very recently I prepared a casual but info-packed talk on the fundamentals of both presentation and technical writing. It lasts about 50 minutes to fit within an hour timeframe along with some Q&A.

    A key theme of the talk is that simply translating your presentation or paper into English from Japanese (or Chinese, etc.) is usually not sufficient. The demands of being a modern, international communicator involve certain strategies and techniques aimed at building clarity and impact.

    Please contact us about setting up this short talk and Q&A at your site—the cost to Newsline readers will be limited to distant travel and copying of audience discussion guides. Some of the examples shown in the slideshow will be available for participants to download.
  • 2. Services of Human Academy, our parent company

    Open or Close
    Human Academy offers a wide variety of services and programs:

    • Online English training
    • Short-term language training
    • Study abroad programs offering certified course credits through agreements with overseas universities
    • General English training
    • Training for e-mail writing in English
    • Development of job interview skills in English
    • Japanese language training (overseas students, foreign office staff, etc.)
    • Support of global career changes and related services

    For help in developing your global communications, consider the innovative solutions offered by Human Academy:
    http://www.athuman.com
  • 3. Ending your presentation

    Open or Close
    A common problem I notice in our seminar and individual presentation training programs is awkward, confusing endings. Here I mean the last words spoken before, ideally, applause and then the Q&A session. In training, I often see and hear endings that abruptly stop at the end of the final concluding bullet point, which tends to slightly surprise and confuse audience members. Or sometimes the speaker will simply say “Finished,” an idea that should be understood without being spoken.

    Typically, the final main point is introduced with a strong and clear “Finally,…” Voice intonation should be used to indicate finality: a slow, clear, unambiguous (and ideally short) sentence. This is followed by a statement of gratitude like “Thank you for your kind attention.” Importantly, these last sentences should be spoken while looking at the audience, not the screen, the ceiling, or your shoes.
  • 4. Ending your technical paper

    Open or Close
    Another problem with poor endings involves the final words at the end of a technical paper, typically in a “Conclusions” section. This part of the paper should be, above all, brief.

    A Conclusions section should simply restate the research challenge or achievement, briefly explain the basic method used, touch on only the key results, and very directly state the significance of the work. Repeating excessive detail from the paper’s main body will only weaken a summary’s strength, as well as impose an annoying burden on your reader. A lean, straightforward Conclusions will keep your reader thinking about what’s important in your work.

    Descriptions of “Future Work” should also be brief and only touch on a few possible future applications. Give your readers a teaser, not a comprehensive preview, of future efforts.
  • 5. Grammar Girl: A useful website for grammar questions

    Open or Close
    If you’re interested in reading about common but vexing grammar issues, I highly recommend “Grammar Girl”:
    http://www.quickanddirtytips.com/grammar-girl

    This website is managed by Mignon Fogarty, a technical editor and faculty member of the University of Nevada, Reno. Her explanations are very clear, with simple but useful examples. She offers practical advice that is usually easy to follow. If you prefer listening, many of her articles directly link to audio from her podcasts.
  • 6. In Our Times: A great podcast for the ears and mind

    Open or Close
    For advanced students of English with little opportunity to practice listening, I frequently recommend choosing audio from the vast wealth of available podcasts. One in particular with challenging vocabulary and ideas is “In Our Times,” hosted by Melvyn Bragg of the BBC Radio 4 service. A wide range of topics covers science, history, culture, philosophy, etc. Start at the program’s home page:
    http://www.bbc.co.uk/programmes/b006qykl

    The guests include top scholars and experts in their fields. Extremely interesting discussions, but be prepared to think!